エアコン咳に要注意!

こんにちはー♪

大野市 フィットネススタジオ ビュート エステ プラスです。

 

季節の変わり目は、なにかしら体調を崩しやすいですが、

エアコンが原因で咳が止まらなくなる咳ぜんそくにかかってしまう人も。

エアコンから出てくる「ホコリ」「カビ」「冷気」の3つが、咳ぜんそくを発症させる大きな原因になっているようです。

外気と室内の寒暖差が激しいと、気道の粘膜が過敏になり、

もともと気道が弱い人は、寒暖差でさらに過敏になっていて、過敏になっているところに、

ホコリやカビ、冷気といった『刺激』が一気に加わるので、咳ぜんそくを発症してしまうのです。

咳が2週間以上治らないようであれば、風邪ではなく咳ぜんそくかも。

 

 

エアコン切った後は30分間の送風運転を習慣づける

 

こまめなエアコンの掃除は体調管理の一環。

まず、最低でも週に1回はエアコンのフィルター掃除をしてホコリやカビを除去しましょう。

エアコン以外にホコリやカビの発生源になっていそうな場所も掃除します。

次にエアコンの冷房を切ったあと、30分間送風運転をします。

これは冷房運転をするとエアコン内部には結露が発生し、

冷房を切った後そのままにしておけば大量の水分が残ってカビが増殖してしまうから。

送風運転をしてエアコン内部が乾燥させれば、増殖を抑えることができます。

面倒だと思わずに、気持ちよいお部屋で過ごすためにもぜひ習慣づけましょう。

そして、ビュートで体を動かして免疫アップめざしましょう!

 

 

 

関連記事

  1. とっても大切!ストレッチ♪

  2. お正月もなるべく低糖質を心がけて!

  3. サーモマネージャー設置しました。

  4. 冬季営業時間のお知らせ

  5. ダイエットを始めるなら5月が最適!?

  6. ふく割始めました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。