寝苦しい夜の対策に!

こんにちはー♪

大野市 フィットネススタジオ ビュート エステ プラスです。

 

8月に入り、猛暑が続き、夜、ぐっすり眠れなくなり、日中も体のだるさや眠気が続いている人も多いのではないでしょうか。

特に今年の8月はお休みも多いので、夜更かしをしたり、だらだらと昼頃まで寝ていたりして、生活リズムを崩して体調を壊してしまう人も!

まだまだ暑い夜、どうしたらぐっすり眠れるのでしょうか。

寝る前にまず温める

 

眠る1時間ほど前に湯船につかって体を温めることです。

夏場は、シャワーだけという人もいると思います。その場合は、最後にくるぶしの少し上の辺りにシャワーをあてて足首を温めます。

お風呂やシャワーの後は、眠る前まで、レッグウォーマーなどで足首を温めても効果的です。

ではなぜ、暑いのに、なぜ体を温めるのでしょうか。

眠りと密接に関係する「深部体温」

 

実は、人間は、脳や内臓など体の中の温度、「深部体温」が下がる時に眠気を生じます。

あえて体を温めると反動で「深部体温」が下がり、熟睡しやすくなるというのです。

足首を温めるのも「深部体温」と関係しています。

人間の「深部体温」は、寝ている間に多くの汗をかき放熱する課程で下がりますが、床についてから「深部体温」を効率よく下げるためにも、

夏場でも冷えていることが多い足首を温めておくと、足裏から汗をかきやすくなるということです。

『深部体温』は、一回上がると強く下がるという性質があるので、眠り始めに強く下げたいので、眠る前は逆に上げた方がいいのです。

【眠る環境整備も】

 

眠るための環境を整えることも大切です。汗をかいて「深部体温」を下げたいところですが、湿度が高いとなかなか渇かず、

これが真夏の寝苦しさの原因になっています。このため、床につく1時間ほど前に寝室のエアコンを入れ、シーツとタオルケットをはがして、

寝具の湿度を取り除くようにするといいそうです。

 

【頭を冷やして寝る場合の注意点】

 

睡眠時に保冷剤などで頭を冷やすことも効果的ですが注意点もあります。耳から下の部分を冷やすと脳の働きが上がってかえって眠れなくなるため、頭の上部だけを冷やすのがポイントです。

 

この猛暑を乗り切るためにも、ぜひビュートでいい汗をかいて、ぐっすりと寝る環境めざしませんか!

 

関連記事

  1. 連休疲れを取って心身共に元気になるには?

  2. 春はダイエット・デトックスに最適

  3. 冬に向けて、体をポカポカに温める方法 その2

  4. 梅雨に負けない体つくりをビュートで♪

  5. 花粉症に筋トレが効く!

  6. サーキットトレーニング♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。