連休疲れを取って心身共に元気になるには?

こんにちはー♪

大野市 フィットネススタジオ ビュート エステ プラスです。

 

長い連休が終わり、疲れなどか残っていませんか?

少しでも早く体調を戻す方法をご紹介します。

疲労回復を早める生活を心がける

睡眠時間を十分に確保する、1日3回主食・主菜・副菜をそろえた食事をする、適度な運動をする(ウォーキングなら30分程度)、

湯船につかり、身体を温めてリラックスするなど、日常の中で疲労回復を早める生活を心がけましょう。

<体調不良3つの対策>
①39~41℃の湯舟に5~10分ほどつかり体を温める
②起床時、朝食をとる前に1杯の水を飲む
③首、手首、足首の3つの“首”を温める
⇒温めるのは就寝前や疲れを感じた時がおすすめ

上記の方法なら手軽にお試し出来そうですね!!

疲労回復に働く栄養素を積極的に補う

味が濃く、砂糖や油脂などを多く含むファストフードや加工食品などの利用が増えると、栄養バランスが崩れてしまいます。

この偏った食生活が、うつ病のリスクを高めるともいわれていますので注意です。

うつの原因は、脳内の「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質が不足し、睡眠が取りにくくなること、精神が安定しないことに関係しています。

セロトニンは、原料となるトリプトファンを食事から取ることで増やすことができるので、

トリプトファンの取れる食材を選ぶことで疲労の軽減が期待できます。

トリプトファンは、牛乳やチーズなどの乳製品、きなこや湯葉、豆乳などの大豆製品、ナッツ類、バナナなど、

タンパク質に含まれています。

疲れたときには、夕食にトリプトファンを含む食材を使った料理を食べる、温かい牛乳を飲むなどすると、

精神が安定し、眠りにつきやすくなる効果が期待できます。

 

運動不足を解消されたい方はビュートで筋トレ&有酸素運動が効果的です。

無料体験も募集しております。

スタッフまでお気軽にお問合せください☆

関連記事

  1. Beautoもクリスマスデコレーション

  2. 「疲れない体」に変えよう!

  3. 有酸素運動でストレス発散しましょう!

  4. 夏のまち講座キャンペーン♪

  5. ダイエット中に炭水化物を食べるコツ♪

  6. 5月19日(土)14:00~驚異のエゴスキュー講座開催♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。